弁護士の役割とは

私たちは普段の生活において、悩むことが絶え間なくあることでしょう。基本的には自分自身や当事者間で解決できることが多くあり、個人で法律のプロである弁護士に相談するというのはあまりないといえるでしょう。しかし、相談できる相手が近くにいないことや、もしくは相談すらできないような案件の場合、弁護士に頼ることが必要になってきます。企業などではコンプライアンス(法令遵守)や取引先・従業員とのトラブル回避のために顧問弁護士を雇ことが増えてきています。

関連リンク-アディーレ プラス | 顧問弁護士なら弁護士法人アディーレ法律事務所

個人での弁護士への相談事例で多いのは借金などによる過払い金の請求といえるでしょう。また、離婚や財産に関する相談は例年変わらずあり、そのような私たちの生活に関わる背景が意外に意身近に起こっていることもあって、弁護士への相談というのは思った以上にたくさんあります。
弁護士というと堅い職業イメージがありますが、実際に相談してみるとしゃべりにくい弁護士というのは少ないものです。なぜなら弁護士もサービス業なのであって生活がかかっています。飯のタネになりそうな案件をみずから放棄するようなことはしないでしょう。

では弁護士にはどのような枠割があるでしょうか。弁護士法の最初の項目には「基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」と記載されてあります。弁護士というのはどの依頼であっても、基本的人を擁護してくれるものであります。刑事事件ともなれば、凶悪犯の弁護方法を見ていると釈然としない方もあるかもしれませんが、これは難しい問題といえます。だれでも話を聞いてくれるということには間違いがないので、困ったときは相談するのが必要です。では弁護士がどのようなことを行っているのかご紹介していきます。